中海テレビ放送 第57回ギャラクシー賞 報道活動部門 大賞受賞


全国規模の番組コンクールで、最も権威のある賞とされている第57回ギャラクシー賞(NPO法人放送批評懇談会主催)報道活動部門で、中海テレビ放送制作のドキュメンタリー番組「中海再生への歩み〜市民とメディアはどう関わったのか〜」が、大賞に選ばれました。

ギャラクシー賞の歴史の中でケーブルテレビ局の作品がグランプリに輝いたのは初めてのことです。

<番組を企画した 高橋 孝之 会長コメント>
今回の受賞は、ケーブルテレビ業界にとって、大変名誉なことです。
20年間、市民の皆さんと弊社スタッフが、中海(なかうみ)浄化への世論を少しずつ変えていった、その歴史を凝縮した番組がこのような栄えある大賞をいただけたことは大変ありがたいことだと感じております。
この喜びを市民の皆さんと分かち合いたいと思います。

<加藤 典裕 社長コメント>
この賞は、放送に携わる多くの人が憧れる賞です。
この素晴らしい賞を受賞できたことを心から嬉しく思います。
単に番組の完成度を評価されたということでなく、
地域の皆様と一緒に地域課題に取り組んできたことを評価して頂いたと思っております。

改めて、この20年間地域で環境活動に取り組んでこられた地域の皆様に敬意を表すとともに感謝申し上げたいと思います。


中海テレビ放送では、「大賞」受賞を記念して下記の日程で再放送します。(中海テレビ121chにて放送)
7月10日(金)21:00〜22:00
7月11日(土)21:00〜22:00
7月12日(日)19:00〜20:00