第2回番組審議会

平成29年度 中海テレビ放送 第2回放送番組審議会 議事録

 

■日 時 平成29年11月22日(水)18:30〜20:20

■場 所 中海テレビ放送 会議室

■出席者 <委員8人>

     会長 毎川秀巳 委員  副会長 秋田寿江 委員

赤井孝美 委員  金田俊平 委員  林冨美江 委員  薮田佳奈 委員  

山根淳史 委員  吉田明広 委員  

     <中海テレビ放送7人>

      代表取締役社長    加藤典裕

      常務取締役      鶴木俊文

      放送事業本部長    野々村正仁

      放送事業本部副本部長 兼 編成制作部長 三浦健吾

      放送事業本部副本部長 兼 報道部次長  上田和泉

      制作部課長   横木俊司     

      編成部課長補佐 柳沢 順子

■審 議

(1)番組批評

   「山陰そら散歩」「スポーツしょいや!」の2番組について批評

  

 *山陰そら散歩

<委員の皆さんのご意見>

  ・3分は短い。もっと見たいという感じ。ただしずっと同じ映像なら飽きるので、コメン

トを入れるなどしたら長くてもいいのではないか。

  ・映像がきれい。

  ・3分と短いので、海が出て稲刈り、ミルクの里といろいろ紹介されていたが、テーマは

稲や柿など秋の実りだけに絞ってもよかったのではないか。

  ・音楽が番組にあっていない。冒頭は英会話の番組が始まったのかと思った。

  ・今後は文化財とか城山のみとか神社にクローズアップするとか、テーマを決めて撮影し

てはどうか。

  ・テーマとして境線の沿線を取り上げてみてはどうか。人の気配が感じられると見ていて

楽しい。

・映像はきれいだったが、音楽が合っていない。気になって仕方がなかった。

・見ていて気持ちいい番組。

・同じ場所で四季が感じられるような映像が1年を通じて撮られたら、よりいい映像にな

るのではと思う。

  ・きれいな映像だがすぐ見飽きてしまうので、物語性があるとよりいい番組になると思う。

  ・ドローンの高さをもう少し高くしてもいいのではないか。そうすればもう少し広い範囲

の映像が撮影できて迫力が出る。

  ・BGMは、ボーカルがない方がいいと思う。壮大なイメージならばオーケストラの演奏

でもいいのではないか。

  ・ドローンの映像はすごいと思った。空から見るとこの地域もきれいに見える。

  ・時間が短い。もう少し長く見たい。

  ・鳥の目線は新鮮だった。

  ・同じ風景が四季を通じて空から見てみたい。

  ・撮影してほしい場所を募集するというのはいいアイデア。リクエストで撮影した場合は、

なぜその景色が見たいか、コメントなりインタビューなり入れてもいいのではないか。 

  ・大山をぐるりと撮影するのもいいのではないか。開山1300年に向けてテーマとして

取り上げてもいいのではないか。 

   

*スポーツしょいや!

・子どもたちの一生懸命さが伝わってきた。コーチを知っていたので親近感があった。

・インタビューは中心の3人がメインだったが、その他の子どもや保護者の声も聞きたか

った。

・なかなか楽しい番組。

・将来、中学生や高校生になった時に再び登場すると、連続性があっていいのではないか。

・タイトルが内容とマッチしていない。タイトルからはスポーツを進める感じがするが、

実際にはスポーツをやる人を追っかけているので、違和感がある。

  ・番組タイトルと内容があっていない。

  ・今の子どもはマイクを向けたら素直に話すというのに感心した。

  ・もう少し全体の子どもの声が聞きたかった。 

  ・ローカルな感じが伝わっていい番組だった。

  ・子どもたちが頑張っている姿は、ほほえましい。見て楽しい番組。

  ・試合に負けたシーンは、たまたまだったと思うが、とてもいいシーンだった。感動した。

  ・やらせなしで思いが伝わる番組だった。負けた試合だったからこそ、さらにドラマがあ

りよかった。  

 

以上

サイト内検索