2020年のニュース

米子白鳳高校の生徒たちが8月から米子市淀江町の伝統工芸品「淀江傘」づくりに取り組んできました。12月17日は、製作の最終日を迎え、最後の作業を行いました。

米子市内に12月12日、聴覚障がいのある人たちが集まる新たな拠点がオープンしました。

プロ野球のドラフト会議で読売ジャイアンツから育成1位指名を受けた米子東高校の岡本大翔選手が12月1日に米子市内のホテルで球団と仮契約を結びました。

毎年3月、日野川ではサケの稚魚を放流しています。今年は昨年より倍の親ザケが戻り、その稚魚のふ化が始まっています。

町が運営するデマンドバスを活用して荷物を配達するための試験輸送が大山町で11月28日から始まりました。

米子市の企業が反射が少なく曇りにくい高性能のフェイスシールドを商品化し、11月16日鳥取県に寄贈しました。

白砂青松の弓ヶ浜サイクリングロードをペアで走り絆を深めるイベントが11月15日に行われ、参加した人がさわやかな汗を流しました。

日野川の河川敷で11月15日凧揚げ大会が開かれ、新型コロナウイルスの収束を願ってアマビエの凧が揚げられました。

今シーズン限りでの現役引退を表明しているガイナーレ鳥取のフェルナンジーニョ選手が11月10日に会見を開き、思いを語りました。

10月26日のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから育成枠1位で指名された米子東高校の岡本大翔選手が11月10日会見を開き、プロ野球の道に進むことを明らかにしました。

11月6日(金)大山山頂から
last up date 2020年11月13日

2年前から改修工事が進められていた大山山頂の避難小屋が11月5日に完成し、記念式典が開かれました。

島根原子力発電所の事故を想定した防災訓練が10月に行われ、参加した人たちが自家用車などを使った避難行動を確認しました。

11月1日(日)日野町で秋の祭典
last up date 2020年11月13日

日野町で11月1日、「収穫祭」や「ふいご祭」など秋の祭典が開かれ、多くの人で賑わいました。

米子駅の南北自由通路整備事業に伴い、今年9月から閉鎖された旧駅舎の改札口近くで、期間限定のパネル展が10月29日から始まりました。

年末年始の忘新年会シーズンを前に10月28日、皆生温泉の関係者が米子市役所を訪れ、地元の利用をPRしました。

秋の行楽シーズン。地元で観光を楽しむ方も多いと思います。大山では紅葉が見ごろを迎えています。

米子市は2年前から西日本豪雨で被害を受けた岡山県総社市に職員を派遣して災害復興の支援を続けています。10月16日は、米子市と総社市が災害時に助け合うための応援協定を結びより強い関係づくりをスタートさせました。

崩落の危険があった大山山頂にある頂上碑の移設工事が完了し、10月14日に完成を祝う式典が行われました。

境港市出身の水木しげるさんの代表作品「ゲゲゲの鬼太郎」にあやかって名付けられた「輝太郎柿」が10月7日、水木しげるロードにある妖怪神社に奉納されました。

越冬のためにロシアのシベリア地方からやってくるコハクチョウの第一陣が10月7日に、米子水鳥公園で確認されました。

今年で開発100周年を迎える皆生温泉の記念事業として創作人形と淀江傘のコラボ展が10月3日から始まっています。

鳥取県を「蟹取県」としてアピールしようと去年から始まった「ウェルカニ料理コンテスト」が今年も米子市内で開かれ、参加した旅館や飲食店が工夫を凝らした創作料理を披露しました。

コナラやミズナラなどの広葉樹が枯れる「ナラ枯れ」の被害が大山周辺で急増しています。被害の現状と対策について取材しました。

昭和初期に松江市美保関沖で発生した旧日本軍の多重衝突事故「美保関沖事件」から93年が経ちました。その水中調査が初めて行われ、沈没していたのが、駆逐艦「蕨」だったことが確認されました。

日南町多里地区の人たちは地域に生息する特別天然記念物のオオサンショウウオを守る活動に取り組んでいます。9月20日は、河川の清掃活動やオオサンショウウオの観察会を行いました。

米子市淀江町にある上淀廃寺跡で彼岸花まつりが4連休2日目の9月20日からはじまり、訪れた人たちでにぎわいました。

大山から鳥取県西部の魅力を発信しようと、大山寺参道に新たなアンテナショップが完成し9月19日は関係者がオープンを祝いました。

JR西日本が運行する豪華寝台列車「瑞風」が今年7月から車両の定期検査を米子市の後藤総合車両所で行っていました。9月15日は、検査を終えて試運転に向かいました。

県内各地の古民家や自然を描いたペン画の作品展が、米子市の加茂公民館で開かれています。

新型コロナウイルスなどの感染リスクから医療従事者を守ることのできる使い捨ての飛沫防止ボックスを鳥取大学医学部附属病院が全国で初めて開発し、9月10日から販売を始めました。

台風9号の接近に伴って南から暖かく湿った空気が入り、9月2日の県西部地方は米子と境港で猛暑日となりました。この暑さに負けず、米子市内の中学校ではひまわりが元気に咲いています。

9月1日の防災の日に合わせて米子市旗ヶ崎にある住吉公民館では、地域で助け合うための防災講座が開催されました。

9月1日のベニズワイガニ漁の解禁に合わせて8月31日、境漁港で出漁式が行われました。

コナラやミズナラなどの広葉樹が枯れる「ナラ枯れ」の被害が大山周辺で発生していることから8月28日、国と県、それに周辺自治体が現地検討会を開き、被害の状況を確認しました。

8月24日(月)「銀河」お披露目
last up date 2020年09月14日

JR西日本は新型コロナウイルスの影響で運行開始を延期していた「WEST EXPRESS銀河」を8月22日、報道関係者に公開しました。

新型コロナウイルスの影響で社会が疲弊している中、地域を元気にしようと取り組む人たちが8月22日、米子市役所にプランターに入ったひまわりを並べました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でお盆の帰省を控える人などのため、鳥取県米子市内のタクシー会社が墓参りの代行サービスを始めました。

8月23日に米子がいな祭の代替イベントとして開催予定だった「米子がいな祭2020」は、米子市内でも新型コロナウイルスの感染者が出たことを受けて8月9日に中止が決まりました。

米子市の市街地を流れる「旧加茂川」の名称が8月5日から「加茂川」に変更されました。

中海テレビ放送では離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんへのメッセージ動画を募集しています。

日野町と境港市の産業廃棄物の処理企業が7月28日、災害発生時に出る様々な廃棄物の処理について協定を結びました。

7月12日の境港市長選挙で初当選を果たした伊達憲太郎市長が7月27日、市役所に初登庁しました。

米子城跡や歴史的町並みの保存・活用を目的とした「米子まちなか観光案内所」が新しい新商品を開発しました。

米子の夏の風物詩「米子がいな祭」。今年はすでに、新型コロナウイルスの影響で中止が決まっていますがその代替イベント「米子がいな祭2020」が8月23日に行われます。

米子市淀江町の伝統工芸品「淀江傘」。これまで人から人へ受け継がれてきた技術を映像という新たな形で伝承する取り組みが始まっています。

米子がいな祭は、新型コロナウイルスの影響で今年の祭りを中止することを決めています。実行委員会では、代替イベント開催に向けて準備を進めています。

いまだに完全な治療法が発見されていない「アトピー性皮膚炎」など炎症性の皮膚疾患は、一度治ったあとも繰り返し発症することがわかっています。鳥取大学医学部生命科学科の村田暁彦助教らの研究グループがその仕組みの一端を解明しました。

日南町は、農業の収益力向上と人材の育成を目的にトヨタ自動車と6月30日、連携協定を結びました。中国地方の自治体とトヨタ自動車が協定を締結するのは初めてです。

6月20日(土)皆生海岸を清掃
last up date 2020年06月25日

米子市の皆生海岸で6月20日、新型コロナウイルスに負けず海岸をきれいにしようと地元団体が協力して清掃を行いました。

新型コロナウイルスに打ち勝つため、米子市内で「ひまわり」の花を植えて元気を取り戻そうというプロジェクトが進められています。6月16日には、プランターにひまわりの種を植え付ける作業が行われました。

米子市で栽培される春ニンジンの出荷作業が6月10日から始まりました。

6月1日の夜米子市内で打ち上げられた花火を皆さんはご覧になりましたか?これは新型コロナウイルスの収束を願ってサプライズで全国一斉に打ち上げられたものです。米子市での様子を取材しました。

米子市出身の映画プロデューサーが、新型コロナウイルスの感染防止対策を取りながらエンターテインメントを楽しんでもらおうと、リモート映画祭を企画しました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、鳥取県の公務員試験は延期が決まっています。そうした中、受験する学生たちは、来るべき試験に向けて勉強に励んでいます。

米子市の湊山公園にある猿が島で、今年1頭目となるサルの赤ちゃんが生まれました。母親に抱きつくなど可愛らしい姿を見せています。

5月17日(日)伯州綿の種まき
last up date 2020年05月21日

境港市で5月17日、市が特産化に取り組んでいる伯州綿の種まきが行われました。今年は新型コロナウイルスの影響で関係者だけで実施されました。

新型コロナウイルスの影響により乗客が減少したことでJR西日本では5月16日から主要の特急列車を減便しています。

緊急事態宣言が延長される中、鳥取県は、5月5日に「鳥取型 新しい生活様式」を発表しました。そこで、感染予防に努めながら社会経済活動をどのように進めていけば良いのか、平井知事にお話を伺いました。

新型コロナウイルスは、様々なところで影響を及ぼしていますが、疫病から逃れられると語り継がれ、今、注目を集めているのが妖怪「アマビエ」です。伯耆町に住む人がこの「アマビエ」をイメージしたこいのぼりを手作りしたということで伺ってきました。

新型コロナウイルスの影響で活動を自粛しているプロのアーティストを支援しようと、米子市は文化施設を無償で提供する取り組みを5月9日から始めました。

5月9日(土)お菓子を社協へ寄贈
last up date 2020年05月18日

観光客が減り、地域経済が縮小する中、中海テレビ放送は社会福祉協議会へ地元のお菓子を贈りました。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が今も続いています。5月7日は、中海テレビ放送が地域貢献活動の一環で県西部の市町村へマスクを贈りました。

米子市の大山トムソーヤ牧場では、犬やウサギなど、動物たちが元気に過ごしています。

新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が続く中、米子市内のタクシー会社がテイクアウトの料理をタクシーで配達するサービスを始めました。5月2日は米子市役所で出発式が行われました。

米子市の大山トムソーヤ牧場は、新型コロナウイルスの影響で、ゴールデンウィーク期間中は休園していましたが、牧場に棲む動物たちは、春の陽気のもと、元気に過ごしています。

弓浜半島に伝わる特産の織物「弓浜絣」を使ってマスクを手作りしている店を取材しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスク不足が続く中、米子市の児童が学校の友達や先生のためにマスクを作りました。

日野町の滝山公園で淡いピンクのミツバツツジが見ごろを迎えています。

新緑が美しい春のこの季節。「春直送便」と題し、季節の花々をお届けします。南部町のとっとり花回廊は、5月6日(水)まで休園していますが、きれいな花々が見ごろを迎えています。「パンジー・ビオラ」と「アイスランドポピー」をご紹介します。

南部町のとっとり花回廊は5月6日(水)まで休園していますが、きれいな花々が見ごろを迎えています。新緑が美しい春のこの季節。「春直送便」と題し、季節の花々をお届けします。

4月3日(金)美保基地航空祭 中止
last up date 2020年04月14日

航空自衛隊美保基地は、毎年開催している「航空祭」について新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、今年は実施しないことを4月3日に発表しました。

新型コロナウイルスの感染予防にマスクをしたり、アルコール消毒をするという人も多いと思います。こうした中、鳥取県では身近なものを利用して飛沫感染を防ぐ、鳥取型オフィスシステムを進めています。どういう取り組みなのか取材しました。

3月29日には、大山町逢坂地区で地域の住民によるカーシェアリング「のってこや」の設立式が行われました。

米子商工会議所青年部は、国際都市として米子を発展させようと市長に提言しました。

新型コロナウイルスの影響で学校の休校やイベントの中止が相次ぎ、卒業式や冠婚葬祭で使われる花の需要が減っています。そこで農林水産省は花の消費拡大を図るためのプロジェクトを始めました。県西部の動きを取材しました。

3月13日(金)電話で詐欺防止
last up date 2020年03月19日

電話による特殊詐欺を未然に防ごうと3月12日、黒坂警察署がある取り組みを始めました。

県西部の弓ヶ浜半島を走る「弓ヶ浜サイクリングコース」の中央部分、約2.5kmの整備が終わり、3月22日には全線開通を祝う式典が開かれました。

新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続く中、境港市は市民に備蓄していたマスクの配布を始めました。

米子市の障がいのある人を支援する施設が自分が喘息や花粉症を持っている事を示すマークが入ったキーホルダーを作っていて人気を集めています。

桜の名所である南部町の桜並木にぼんぼりが取り付けられました。

南部町のとっとり花回廊で色とりどりのランを集めた「らんまつり」が始まりました。

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法が全国で問題となっており、米子市でも注意を呼び掛けています。

新型コロナウイルスの感染拡大により様々なところで影響が出ています。

今年開発100周年を迎える皆生温泉。2月26日には、この100周年を盛り上げる統一のロゴマークが発表されました。

春がだんだんと近づいています。伯耆町では、早咲きの桜「河津桜」が見ごろを迎え、鑑賞した人は一足早い春の訪れを楽しみました。

サッカーJ3のガイナーレ鳥取を応援しようとチームのエンブレムやロゴがデザインされたラッピングバスが完成しました。

分身ロボットを使って会場にいなくても楽しめるイベントが全国で初めて境港市内で開かれました。

中海で採れた食材を味わおうと2月16日、参加した家族連れがアサリやスズキの料理に挑戦しました。

日南町は、豊かな森林資源を守ろうと、温室効果ガスの吸収量に応じてJクレジットを販売しています。2月14日は、地元企業とJクレジットの契約調印式を行いました。

鳥取県のいじめ・不登校総合対策センターは、いじめ防止の思いを込めた缶バッジデザインを募集しました。その結果、小学校低学年と中学年、それに高学年の部で最優秀賞に鳥取県西部の児童が選ばれました。2月12日は、鳥取県西部総合事務所で表彰式が行われました。

米子市と米子西高校は2月12日、授業を通して生徒たちにふるさとへの愛着を持ってもらおうと連携協定を結びました。

海水浴シーズン、皆生海岸の安全を守っている皆生ライフセービングクラブ。救助技術と地域との関わりを学ぼうと、マリンスポーツが盛んなオーストラリアのライフセービングクラブと17年前から交流を続けています。今年も6人のメンバーとその家族が7日間の日程でオーストラリアを訪問し、交流を深めました。

3人制バスケットボールのプロチームが2月11日、米子市内で交流会を開き、鳥取島根両県の小中学生が選手から技術を学びました。

2月10日(月)今年の豊作を願う
last up date 2020年02月21日

大山町の神社で2月8日、今年の農作物の出来と豊漁を占う「管粥神事」が行われ、参加した人たちが1年の豊作を願いました。

2月8日(土)ダンスフェス開催
last up date 2020年02月21日

米子市公会堂で2月8日からヒップホップやチアダンスなどジャンルを超えたダンスフェスティバルが始まりました。

境港に水揚げされるベニズワイガニの商品価値を高めようと、ブランドタグをつける取り組みが2月7日から始まりました。

大規模な災害が発生した際に、早急な復興を目指すため、境港市は2月5日、災害廃棄物の処理に関する協定を鳥取県リサイクル協同組合と締結しました。

2月2日(日)手作りのホウ酸団子
last up date 2020年02月06日

家庭にひそむゴキブリを退治しようと境港市の婦人会がホウ酸団子を手作りしました。

多くの人に日野町を訪れてもらおうと、2月2日から始まるひな人形の展示会に向けた準備が始まりました。

米子高専とホープタウンは1月29日、教育の発展や文化の振興、それに人材育成などに共同で取り組む協定を結び、学生と地域が関わる取り組みをスタートさせました。

多くの人にスポーツを楽しんでもらおうと1月25日、米子市で体験教室が開かれ、参加した人がパラリンピックの正式種目「ボッチャ」などに挑戦しました。

七草粥として食べられる「春の七草」が米子に生えているのか地域の人たちが実際に歩いて探しました。

1月26日の「文化財防火デー」を前に24日、境港市の神社で消防演習が行われました。

1月26日の「文化財防火デー」を前に22日、米子市内の文化財を対象にした立ち入り検査がありました。

1月20日(月)冬山遭難救助訓練
last up date 2020年01月23日

冬山の遭難に備えた救助訓練が1月20日、大山のスキー場で行われ、参加者が救助の基礎を学びました。

個人で仕事を受けて働くフリーランスや在宅ワークについて考えるセミナーが米子市内で開かれました。

境港市で1月19日、カニの水揚げ量日本一を広く知ってもらおうと「カニ感謝祭」が開かれ、多くの人でにぎわいました。

農業に携わる人の腰痛を軽減しようと1月16日、米子市でセミナーが開かれ、参加した人が対策を学びました。

1月13日(月)中海の歌 披露
last up date 2020年01月23日

中海の素晴らしさを発信しようと去年、地元の有志が歌を作り、プロモーション動画の撮影を行いました。その動画が完成し、収録に参加した関係者にお披露目されました。

神奈川県在住の美術作家 秋山さやかさんが、米子市に滞在しながら制作した作品の企画展が1月12日から始まりました。

1月11日(土)絵画の作品展
last up date 2020年01月13日

自閉症の男性による絵画の作品展が米子市内で1月11日から開かれています。

1月11日(土)米子−上海便 就航
last up date 2020年01月13日

米子鬼太郎空港と中国の上海を結ぶ定期航空便が1月11日に就航しました。

1月10日(金)山陰の味が集結
last up date 2020年01月13日

地元の食の魅力を集めた催しが米子市内で1月10日から開かれ、多くの人で賑わっています。

米子市の旅館組合などがつくる皆生温泉オリジナルの日本酒「海に降る雪」の仕込み作業が1月10日から始まりました。

米子高専と中海テレビ放送は1月9日、地域の振興や学生の地元定着に共同で取り組む協定を結び学生向けの企業情報を発信する事業を始めました。

中海圏域の若手農業者グループが1月5日、米子市内で新春「イチゴ祭り」を開き、多くの人で賑わいました。

1月4日(土)ニホンヤマネを保護
last up date 2020年01月06日

国の天然記念物に登録されている「ニホンヤマネ」が大山町で保護されました。見つかるのはまれで、鳥取県内で保護された例は珍しいということです。

米子市で1月2日、ボートの初漕ぎ会が行われ、今年1年の安全や大会での健闘を祈願しました。

大山スキー場のリフト営業が1月2日に始まり、待ち望んだスキーヤーらが今シーズンの初滑りを楽しみました。

米子水鳥公園では1月1日、新年になって最初の鑑賞会が開かれ、多くの人が訪れました。

サイト内検索