4月22日(金)日南町に道の駅 オープン

鳥取県内で15番目の道の駅が22日、日南町にオープンしました。

再生

道の駅「にちなん日野川の郷」は、日南町と鳥取県が地域活性化の拠点として総事業費6億3,000万円をかけて整備しました。広さは9,221uで、農林産物の直売所やレストランなどが あります。22日には、開設式が行われ、鳥取県や日南町などの関係者約100人が出席しました。 そして日南町長の増原 聡さんらがテープカットをして、「にちなん日野川の郷」のオープンを祝いました。道の駅の中にある農林産物直売所には、町内で採れたホウレンソウやシイタケそれにキャベツなど新鮮な野菜が並んでいるほか、町内産の加工品なども販売されています。訪れた人は、道の駅で販売するために開発されたドレッシングを試食したり、新鮮な野菜を手にとったりしていました。


サイト内検索