4月20日(水)死亡事故多発を受け広報検問

4月に入り県西部で2件の交通死亡事故が相次いで起きたことを受け、米子警察署と黒坂警察署が合同で広報検問を行い、安全運転を呼びかけました。

再生

合同検問には、米子警察署と黒坂警察署の警察官、それに地域の交通安全協会のメンバーなど、約30人が参加しました。広報は、交通量が多い米子市福市の国道181号沿いで行われました。 参加した人たちは、安全運転を呼びかけるチラシやティッシュなど100セットをドライバーに手渡しながら安全運転を呼びかけました。県西部では、4月8日に米子市で歩行者が車にはねられる死亡事故が、また14日には、日南町で自転車の単独死亡事故が発生するなど、交通事故による死者が相次いでいます。県西部での交通死亡事故多発警報は今年2回目で、4月24日まで発令されます。


サイト内検索