4月18日(月)黒ねこカンちゃん作品展

黒ねこを題材に描いた絵本の原画展が、米子市内のギャラリーで開かれています。

再生

原画展を開いているのは、境港市在住の島田つきさんです。島田さんは、飼っている猫をモデルにして、おてんば猫「黒ねこカンちゃん」というキャラクターなどを描いています。会場には、その「黒ねこカンちゃん」を主人公にした絵本「その先と」の原画14点とネコを描いた絵画11点のあわせて25点が紹介されています。「黒ねこカンちゃん作品展」は、4月24日(日)まで米子市角盤町の「永瀬ミニギャラリー」で開かれています。


サイト内検索