4月6日(水)春の全国交通安全運動

春の全国交通安全運動が6日からスタートしました。

再生

米子市では、交通安全指導員や交通安全えがおの会などの関係者ら約150人が参加して推進式が行われました。そして参加者全員が、JR米子駅周辺の道路でドライバーや歩行者に対して安全運転などを呼びかけました。またJR米子駅では、交通安全えがおの会のメンバーが、駅を利用する人たちに交通ルールを守りましょうと書かれたチラシを配りました。春の全国交通安全運動は、「高齢者と子どもの交通事故防止」や「自転車の安全利用の推進」それに「チャイルドシートの使用と全ての座席のシートベルトの着用の徹底」「飲酒運転の根絶」の4つを重点項目にして4月15日まで展開されます。


サイト内検索