4月5日(火)香港物産展を前に商談会

香港で鳥取県の物産展が開かれることになり、現地の仕入れ担当者と地元の企業の商談会が米子市内で開かれました。

再生

鳥取県は、米子鬼太郎空港と香港を結ぶ国際定期便の就航が予定されているなか、県内の特産品や観光情報をPRしようと、今年7月に「イオン香港 康怡店」で岡山県と一緒に観光物産展を開くことにしています。それを前に「イオンストアーズ香港」の食品の仕入れ担当者など5人が、今月3日から6日まで商品を選ぶため鳥取県を訪れています。この日は、境港市内で商談をしたあと、米子市内のホテルで県中・西部の企業7社と商談しました。香港の担当者は、これまでに県内の企業15社と商談をしており、4月下旬までに物産展に出展する商品を決定します。


サイト内検索