3月26日(土)一般体操フェスティバル

再生

一般体操フェスティバルには、県内の23団体から約570人が出場しました。はじめに、米子北や智頭農林高校などの体操部があん馬や跳馬、鉄棒など本格的な機械体操を披露して会場を盛り上げました。このあと体操教室や公民館で活動する0歳から90歳までの幅広い世代の人が、踊りやダンス、それに太極拳など様々な演技を披露しました。一般体操フェスティバルは、勝ち負けや順位にこだわらず、身体を動かすことを楽しんでもらい、そこから健康づくりに役立ててもらおうと10年前から毎年開かれています。


サイト内検索