3月24日(木)日本リーグ活躍を祈願

山陰合同銀行 女子バドミントン部が日本リーグの1部に昇格し、メンバーが24日南部町の赤猪岩神社を参拝して今後の活躍を祈念しました。

再生

赤猪岩神社に参拝したのは、山陰合同銀行女子バドミントン部の選手や監督など10人です。メンバーは、去年11月に岩手県で開かれた2部リーグの大会で優勝し、1部リーグ入れ替え戦に出場する権利を手にしました。そして、先月東京で開かれた1部リーグ入れ替え戦で広島ガスに2対1で勝利し、昇格しました。山陰合同銀行 女子バドミントン部は、赤猪岩神社のお守りをもって試合に臨んでいました。赤猪岩神社は「昇運」や「再生」、「復活」のご利益があると伝えられていることから、1部への昇格のお礼と今後の活躍を祈念しようと参拝しました。1部リーグは全国の8つの実業団チームが、日本一をかけて戦います。山陰地方では、バドミントン女子日本リーグに2チームが登録されていますが、1部リーグへ昇格したのは初めての快挙です。


サイト内検索