3月23日(水)ひと足早く入社式

米子市内の社会福祉法人では、他の企業より一足早く入社式を行い、新入職員が社会人として新たな一歩を踏み出しました。

再生

近年は年度初めから実務をスタートできるよう3月中に入社式を行う企業が全国的に増えてきています。この日は、4月から社会福祉法人こうほうえんで介護士や保育士として働く新入職員57人が入社式に臨みました。こうほうえんは、今年設立30年目を迎え、職員数2,249人を抱える県内最大規模の社会福祉法人です。こちらでは、4月1日からの本格的な実習を前に新入職員に福祉に対する意識を高めてらおうと一足早く入社式を行っています。新入職員たちは、この日から早速研修に入り、4月から介護士や保育士、それにリハビリテーション・セラピストとして各部署に配属されることになっています。


サイト内検索