3月22日(火)境港で今年初の大漁旗

3月22日に境港で水揚げされた魚はサバを主体に1000トンを超え、市役所に今年初めての大漁旗が揚がりました。

再生

この日境港には、巻網運搬船9隻が着岸しました。そして、乗組員らが水揚げ作業にあたり、次々とやってくるトラックに積み込んでいました。この日水揚げされたのは速報値で合わせて1,148tとなり、今年初めて1,000tを超えました。このうち、サバが901t、アジが205tと豊漁でした。境港市水産課によりますと、3月12日の水揚げが760トンとなるなど、3月中旬からサバを中心に漁獲量が増えてきているということです。境港市役所では、水揚げ量が1,000tを超えると大漁旗を揚げています。今回の豊漁で今年初めての大漁旗が揚がりました。大漁旗が揚がったのは去年の12月22日以来で、ちょうど3ヵ月振りのことです。


サイト内検索