3月10日(木)湊山公園で春の準備

米子市の湊山公園で、冬の間ソテツに巻かれていたコモを外す作業が行われ、春を迎える準備が整えました。

再生

  春らしい陽気となった3月10日、湊山公園のソテツのコモ外しが行われました。湊山公園のソテツは、明治40年に当時皇太子だった大正天皇の米子市訪問を記念して植樹された由緒あるソテツです。推定樹齢は、360年とも言われています。今年は暖冬で、降雪量の少なかったことから葉や幹に痛みがなく、コモを外すと立派な幹と青々とした葉が見られました。桜の名所として知られる湊山公園には、まもなくボンボリが取り付けられ、4月1日から「桜まつり」が始まる予定です。


サイト内検索