2月11日(木)菜の花文字で大山をPR

大山町には田んぼに植えた菜の花で毎年、文字を作っている人がいます。今年はどんな文字が披露されたのでしょうか。

再生

  大山町大塚に住む遠藤光則さんは去年11月に収穫を終えた田んぼに菜の花を植えて様々な花の文字を作っています。今年は菜の花が少ないということですが、緑の葉で文字が浮き上がっています。上空からの写真では「2018年 大山開山 1300年へ」の文字がしっかりと見えます。遠藤さんは田んぼのすぐ近くを通る電車から見えるようにと、平成24年から菜の花で文字を作ってきました。今までに作ったのは、地震で被災した東北や東京オリンピック、それに県内で開かれた全国植樹祭を応援するメッセージです。この菜の花で作った文字は、3月まで見られるということです。


サイト内検索