2月3日(水)伯州綿の新商品 完成

境港市で作られている「伯州綿」を使った、タオルやハンカチなどの新商品が完成し、2月18日から発売されることになりました。

再生

  「伯州綿」は、かつては境港市を中心とする弓浜部で盛んに栽培されていましたが、一時途絶えていました。しかしその復活を願い、平成20年から境港市農業公社などが、休耕地を活用して栽培しています。この伯州綿で作った製品を、日本全国はもとより世界各地に紹介しようと、境港市で文具やキャラクターグッズを製造販売する「きさらぎ」が、新商品をつくり発売することになりました。今回発売されることになったのは、「伯州綿」を使ったタオルやハンカチなど5種類の商品です。これらの商品は、「伯(HAKU)」のブランド名で、インターネットの通信販売や水木しげるロードなどで2月18日から売り出すことにしています。この他、今月10日から東京のビッグサイトで開かれる「オーガニックエキスポ」に出展し、新商品をアピールすることにしています。


サイト内検索