1月31日(日)小学生考案の新オブジェ

境港市の水木しげるロードに隣接するおさかなロードに、地元の小学生が考案したPRキャラクターのオブジェが新たに加わりました。

再生

おさかなロードに新しく加わったオブジェは、「かにぎょちゃん」です。境小学校の6年生が、2年前に考えました。「かにぎょちゃん」は、マグロをかぶったカニがネギを持っているデザインで、全て境港の特産物です。また、境港市のかたちをした台座には、卒業を記念してオブジェを寄贈した 6年生たちの名前を書いたプレートがはめこまれています。この取り組みは、地域の人と関わりを持つという小学校の授業の一環で行われていて、児童たちはこれまでもロードを管理するNPO法人元気みなとと連携して朝市を開いたりしています。児童が考案した「かにぎょちゃん」は、これまでもロードを案内するイラストとしてPRに使われてきました。「かにぎょちゃん」は、お魚ロードに並ぶ18番目のオブジェとなり、これからも、おさかなロードの発展を見守っていきます。


サイト内検索