1月26日(火)文化財防火デーで消防訓練

文化財防火デーの1月26日、境港市渡町にある有形文化財の神社で消防訓練が行われました。

再生

消防訓練には、神社の近くに住む住民や境港消防署員など約30人が参加しました。訓練は、神社の本殿から出火したという想定で行われ、住民が119番通報し、消火器を使って初期消火にあたるなどしました。文化財防火デーの消防訓練は、昭和24年に奈良県の法隆寺金堂が炎上したのを受けて、昭和30年から全国一斉に行われています。この日鳥取県西部では、日野町の有形文化財「日野町歴史民俗資料館」でも訓練が行われました。


サイト内検索