1月25日(月)今年の皆生トライアスロンは

全日本トライアスロン皆生大会を主催する皆生トライアスロン協会の総会が、25日に開かれ、今年は7月17日に大会を開くことが決まりました。

再生

皆生トライアスロン協会の定期総会には、会長を務める米子市長の野坂康夫さんなど関係者約30人が出席しました。そして、第36回となる、今年の全日本トライアスロン皆生大会を7月17日に開催することを決めました。今年の大会は、去年とほぼ同じコースで、スイム3km、バイク140km、ラン42.195kmの3つの競技を行います。出場できるのは、19歳以上の男女で、定員は、個人の部が940人、3人のチームで出場するリレーの部は60組となっています。そして、今年の大会は、関係機関と、より連携を深めて、安全対策を強化することを確認しました。全日本トライアスロン皆生大会の出場の申し込みは、来月20日から受け付けが始まります。


サイト内検索