2016年

弥生時代の集落跡がある大山町のむきばんだ史跡公園で30日、人型ロボットのペッパーが訪れた人に遺跡の案内をしました。

アメリカで最も愛されている絵本作家のひとりで日本でも人気のターシャ・テューダーの作品やライフスタイルを紹介する特別展が米子市美術館で始まりました。

鳥取県は28日、熊本市の動物愛護施設からの要請を受け、犬1頭を受け入れました。

米子市水道局と市内の水道事業者が、熊本地震で断水している地域で復旧支援にあたるため、27日出発しました。

鳥取県内の目と耳が不自由ないわゆる盲ろう者の相談や支援事業を行う施設が、26日米子市に開所しました。

大山山麓の自然や大山信仰にまつわる地域の歴史物語が、日本遺産に認定されました。

4月24日(日)留学生と国際交流
last up date 2016年04月26日

フィンランドとタイから米子市を訪れている留学生の歓迎会が、米子市内で開かれました。

第二次世界大戦末期の昭和20年4月23日、境港の岸壁で軍用船の玉栄丸が爆発事故を起こし、大きな被害がでました。事故から71年を迎えた今年、事故の発生時刻に合わせて慰霊の献花式が営まれました。

鳥取県内で15番目の道の駅が22日、日南町にオープンしました。

知的障がいの子どもがいる県西部の家族たちが、親が亡くなったあとも子どもたちが安心して暮らせる環境を作ろうと、「あんしん後見せいぶ」という法人を立ちあげました。

4月に入り県西部で2件の交通死亡事故が相次いで起きたことを受け、米子警察署と黒坂警察署が合同で広報検問を行い、安全運転を呼びかけました。

4月19日(火)河川の堤防を点検
last up date 2016年04月22日

梅雨の時期を前にした19日、県の職員などが河川の堤防や護岸を点検してまわりました。

黒ねこを題材に描いた絵本の原画展が、米子市内のギャラリーで開かれています。

4月17日(日)行動展
last up date 2016年04月21日

地元や全国各地で活動する作家の絵画作品を集めた「第70回記念 行動展」が、米子市美術館で開かれています。

日南町で16日、ヘリコプターの離発着場を備えた防災基地が完成し、開所式が行われました。

米子市役所で15日、JR米子駅の南北自由通路などの整備について話し合う協議会が開かれました。

境港市の友好都市である中国吉林省琿春市の国際交流員が14日に着任し、辞令の交付を受けました。

4月13日(水)弓浜絣と伯州綿展
last up date 2016年04月14日

県西部の弓ヶ浜半島の伝統工芸品「弓浜絣」とその材料の「伯州綿」を特産化しようとする取り組みを紹介した特別展が、境港市内で開かれています。

4月12日(火)小さな命の写真展
last up date 2016年04月13日

飼い主がおらず殺処分される犬や猫の姿を捉えた写真展が、境港市で始まりました。

米子市内で11日、テロリストに対応する訓練が行われました。

毎年恒例のチューリップマラソンが10日、日吉津村で開かれました。

4月9日(土)梨の授粉作業 始まる
last up date 2016年04月11日

梨の花が満開となり、花粉付けの作業が始まっています。

4月8日(金)交通安全を広報
last up date 2016年04月11日

大山町で8日、八橋警察署の警察官や地元の交通安全協会のメンバーなどがドライバーに安全運転を呼びかけました。

4月7日(木)ろうけつ染の作品展
last up date 2016年04月08日

米子市内で「ろうけつ染」の作品展が開かれています。

春の全国交通安全運動が6日からスタートしました。

香港で鳥取県の物産展が開かれることになり、現地の仕入れ担当者と地元の企業の商談会が米子市内で開かれました。

4月4日(月)新就職者の激励会
last up date 2016年04月05日

境港市の企業に新しく就職する人たちを応援しようと「新就職者激励会」が開かれました。

山陰唯一の国際定期航空路線である米子-ソウル便の15周年を記念したセレモニーが開かれました。

きれいな海岸を維持しようと日吉津村で地域住民らが清掃活動に汗を流しました。

日南町にゆかりの文豪井上 靖さんの長女が、日南町を訪れ、本を出版したことなどを報告しました。

3月31日(木)カヌーの検定会
last up date 2016年04月01日

大山町で多くの観光客にカヌーやカヤックを楽しんでもらおうと、指導員の検定会が開かれました。

3月30日(水)米子市文化奨励賞
last up date 2016年03月31日

地域の文化活動に貢献し、今後の活躍が期待される個人や団体を表彰する米子市文化奨励賞の受賞式が、30日に行われました。

米子市内の路上で倒れた人に心臓マッサージなどをして助けた女性に、米子消防署が29日 感謝状を贈りました。

3月28日(月)大漁祈願祭
last up date 2016年03月29日

境港市で28日、漁業関係者が海上での安全と大漁を願いました。

日吉津村の海浜運動公園で、村民が松くい虫に強いクロマツを植樹しました。

3月25日(金)境港サーモン出荷
last up date 2016年03月28日

美保湾で養殖されているギンザケの今年の水揚げが始まっています。

山陰合同銀行 女子バドミントン部が日本リーグの1部に昇格し、メンバーが24日南部町の赤猪岩神社を参拝して今後の活躍を祈念しました。

3月23日(水)ひと足早く入社式
last up date 2016年03月24日

米子市内の社会福祉法人では、他の企業より一足早く入社式を行い、新入職員が社会人として新たな一歩を踏み出しました。

3月22日に境港で水揚げされた魚はサバを主体に1000トンを超え、市役所に今年初めての大漁旗が揚がりました。

伯耆町の中学生が「一日消防士」に任命され、地域の人たちに火の元に注意するようを呼び掛けました。

3月20日(日)鉄道おもちゃ展
last up date 2016年03月21日

境港市の夢みなとタワーで期間限定の鉄道おもちゃランドが始まり、大勢の家族連れで賑わっています。

国の史跡に指定されている米子城跡の発掘調査で、米子市は新たな石垣などを発見しました。

3月18日(金)花見の季節近づく
last up date 2016年03月19日

米子市の桜の名所の一つ湊山公園では、桜まつりを前にボンボリの取り付け作業が始まりました。

3月17日(木)食のみやこ商談会
last up date 2016年03月18日

鳥取県で開発された加工食品を県内外の小売店に売り込もうと、米子市内で商談会が開かれました。

3月16日(水)濱田珠鳳 指画展
last up date 2016年03月18日

指だけで中国画を描く濱田珠鳳さんの作品を集めた展示会が始まりました。

春の彼岸を前に、切り花として人気の高いストックの出荷がピークを迎えています。

境港市内を走る循環バス「はまるーぷバス」に、水木しげるさんの漫画に出てくるキャラクターが新たにラッピングされ、お披露目されました。

地域住民と地元企業が協力して、JR米子駅前通りなど米子市中心部の美化活動を行いました。

境港市が、「災害に強いまちづくり」をコンセプトに作った竜ヶ山公園と市民会館の整備計画案がまとまりました。

3月11日、JR米子駅では、東日本大震災の復興に役立ててもらおうと義援金の呼びかけが行われました。

米子市の湊山公園で、冬の間ソテツに巻かれていたコモを外す作業が行われ、春を迎える準備が整えました。

3月9日(水)合同テロ対策訓練
last up date 2016年03月10日

米子空港で、海外からの入国者によるテロを想定した訓練が行われました。

3月8日は、数字のゴロ合わせから「サバの日」です。境港市内ではこの日にちなんだイベントが開かれました。

3月7日(月)リサイクルアート展
last up date 2016年03月08日

自然の中に落ちているものや廃材を使って作るリサイクルアートの作品展が、米子市淀江町で開かれています。

地域の「自主防災組織」の活動を広めようと、米子市で研修会が開かれました。

様々な技能をもつ高齢者に活躍してもらおうという制度が始まったのを記念するイベントが開かれました。

米子市内のコンビニエンスストアで、強盗事件を想定した訓練を行い、万が一に備えました。

3月3日(木)看護学校の卒業式
last up date 2016年03月04日

米子医療センター附属看護学校で卒業式が行われ、卒業生が看護師としての一歩を踏み出しました。

3月2日(水)ひな人形の展示会
last up date 2016年03月03日

3月3日の「桃の節句」を前に江戸時代以降のひな人形を集めた展示会が、米子市内のギャラリーで開かれています。

米子市は、弓浜部の住民を困らせているヌカカ、通称干拓虫について、予防対策などをまとめたリーフレットを作りました。

2月29日(月)春ネギの出発式
last up date 2016年03月01日

県西部の特産品「白ネギ」の中でこの時期出荷される「春ネギ」の出発式が行われました。

2月28日(日)新艇 進水式
last up date 2016年02月29日

湊山公園にある米子艇庫に新しいボートが配備され、関係者が集まって進水式を行いました。

早春を代表する花の一つクリスマスローズが見ごろを迎え、とっとり花回廊で鉢植えの展示会が開かれています。

鳥取県西部の小学6年生が、税をテーマに描いた絵はがきコンクールの表彰式が行われました。

鳥取県内には、全域にインフルエンザ警報が発令され、流行が本格化しています。

特殊詐欺を未然に防いだとして、大山町の女性に米子警察署から感謝状が贈られました。

大山町で、警察官や役場の職員が高齢者の自宅を訪れ、特殊詐欺と交通事故の被害に遭わないよう呼びかけました。

日南町に4月にオープンする道の駅で販売する新しい加工品の試食会が開かれました。

桜が咲くのを前に、地域住民らが南部町の緑水湖周辺をきれいする美化活動を行いました。

2月20日(土)優良運転者を表彰
last up date 2016年02月22日

5ヵ月間の無事故・無違反を目指す安全運転 鉄人コンテストの表彰式が、大山町で開かれました。

南部町内に事業場を構える大手自動車部品メーカーが、国内生産を強化するため設備を拡大することなりました。

県西部で広く栽培されている「大山ブロッコリー」が、販売高14億円を突破し、関係者が記念大会を開いてさらなる生産拡大を誓いました。

境港市は、空と海の航路があり国際的な取引を行っている場所であることから、テロ対策を強化しようと、官民一体となった対策協議会が立ち上がりました。

2月16日(火)確定申告はじまる
last up date 2016年02月17日

平成27年分の所得税と復興特別所得税の確定申告が、全国の税務署や特設会場で始まりました。

南部町で、大型の台風が直撃し、甚大な被害が発生することを想定した図上訓練が行われました。

大正から昭和にかけて活躍した米子市出身の彫刻家 戸田海笛の作品を紹介する企画展が、米子市美術館で始まりました。

2月13日(土)旧校舎で授業体験
last up date 2016年02月15日

大山町内で廃校になった校舎を利用した授業が始まり、子どもたちが身近な音を使った音楽作りを学びました。

鳥取県保険医協会は、県内の医療機関で約4割の医師が、医療費の負担を理由に患者から投薬や検査を拒否されたことがあると発表しました。

大山町には田んぼに植えた菜の花で毎年、文字を作っている人がいます。今年はどんな文字が披露されたのでしょうか。

日本最大級のフラワーパークとっとり花回廊の園内で撮影した写真コンクール展が、米子市内のギャラリーで開かれています。

2年後の平成30年に向けて、「大山開山1300年祭」の準備委員会が設立されました。

2月8日(月)火災に注意
last up date 2016年02月09日

冬の時期は、全国的に火災が増える傾向にあります。火災を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

鳥取県西部の7つの市町村や県と国の関係者が集まり、日野川の治水について話し合う会議が開かれました。

米子市の中心市街地に、古い町屋を改修したコミュニティスペース「わだや小路」がオープンしました。

中海で越冬していたコハクチョウの北帰行が始まりました。

2月4日(木)立春
last up date 2016年02月05日

2月4日は立春。暦のうえでは春が始りとされるこの日の鳥取県西部は、天候に恵まれ2月下旬並みの暖かな一日となりました。

2月3日(水)伯州綿の新商品 完成
last up date 2016年02月03日

境港市で作られている「伯州綿」を使った、タオルやハンカチなどの新商品が完成し、2月18日から発売されることになりました。

破産手続きを進めている米子市の老舗デパート”やよい”が、2月2日から閉店セールを始めました。

版画で作った年賀状コンクールの応募作品を紹介する展示会が、南部町の祐生出会いの館で開かれています。

境港市の水木しげるロードに隣接するおさかなロードに、地元の小学生が考案したPRキャラクターのオブジェが新たに加わりました。

医療や介護ロボットをテーマにした講演会が、1月30日米子市内で開かれ、ロボットの開発者や医療関係者が最新のロボット研究について紹介しました。

米子市淀江町で栽培されているにんじんが、全国の野菜や果物の味を競う「野菜ソムリエサミット」で、二つ星を獲得しました。

高齢者の交通事故が増えている中、米子警察署は、運転免許証を返納した人が灯油の配達料の割引を受けられる協定を市内の石油販売会社と結びました。

米子市出身の彫刻家 戸田海笛の石膏レリーフ作品「喜怒哀楽の図」が、1月27日米子市に帰郷しました。

文化財防火デーの1月26日、境港市渡町にある有形文化財の神社で消防訓練が行われました。

全日本トライアスロン皆生大会を主催する皆生トライアスロン協会の総会が、25日に開かれ、今年は7月17日に大会を開くことが決まりました。

米子市の弓浜地域に、65歳以上の人が利用できる老人福祉センターが開所しました。

米子市淀江町の妻木晩田遺跡について理解を深めてもらおうというシンポジウムが、米子市内で開かれました。

1月22日(金)春を待つ稚魚たち
last up date 2016年01月24日

日吉津村の水産施設で、去年孵化したサケとアユが、春の放流を待っています。

長年ネパールを取材してきた写真家河野利晴さんがこのたび写真展を開くことになりました。そこで、河野さんのネパールへの情熱と写真展に込めた思いを取材しました。

昭和初期から戦後にかけての皆生温泉の変遷を紹介する写真展が、米子市内で開かれています。

島根原子力発電所の事故など緊急時に備えて放射性物質の測定をする鳥取県原子力環境センターが、湯梨浜町に完成し、開所式が行われました。

海難事故の緊急通報ダイヤル「118番」を知ってもらおうと、番号にちなんだ1月18日に、海上保安庁の職員が市民にPRしました。

南部町で1月17日書き初め大会が開かれ、参加した人たちが、一本の筆をリレーして文字を書き上げる書道リレーに挑みました。

南部町民でつくる7つの住民組織が集まって、これまで行ったまちづくりの活動を発表しました。

これまで宿泊施設が少なかった境港市にホテルが完成し、15日、関係者にお披露目されました。

1月14日(木)高野豆腐の調刻
last up date 2016年01月15日

お正月のおせち料理には欠かせない高野豆腐を彫りこんだ作品の展示会をご紹介します。

サッカーJ3のガイナーレ鳥取の監督に、元日本代表選手でサッカー解説者としても知られている柱谷哲二さんが就任しました。

暖冬の影響で野菜が値下がりしています。

皆生海水浴場で恒例の寒中水泳大会が1月11日開かれ、参加者が1年の健康を願い冷たい海へ飛び込みました。

1月10日(日)消防出初式
last up date 2016年01月13日

1月10日は、県西部各地で消防出初式が行われ、消防団員が防災の気持ちを新たにしました。

障がいのある人が暮らしやすい社会をつくろうと、全国から様々な分野の人が参加して話し合う「あいサポートとっとりフォーラム」が、1月9日と10日米子市で開かれました。

境海上保安部と境消防署の潜水士が1月8日、今年初めての合同潜水訓練を行い、迅速に救助できるよう連携を確認しました。

1月7日は、「春の七草」です。この日にあわせて米子市内の公民館で地域の子どもたちが「鳥追い」という歌を歌ったり七草がゆを食べたりして今年1年の健康と五穀豊穣を祈りました。

1月6日(水)薔薇ばら展
last up date 2016年01月07日

書家や工芸作家など山陰の芸術家が集まって、バラをテーマにした作品展を開いています。

1月5日(火)囲碁の初打ち
last up date 2016年01月07日

1月5日の「囲碁の日」に合わせて米子市の囲碁会館で初打ちを楽しむ対局が行われました。

日吉津村のショッピングモールで1月4日、高校生が演技や踊りをしながら書の作品を仕上げるパフォーマンスを披露しました。

1月3日(日)米子市で成人式
last up date 2016年01月04日

米子市で1月3日成人式が開かれ、1400人の新成人が大人への第一歩を踏み出しました。

Uターンラッシュが始まった1月2日、米子鬼太郎空港では帰省客らに境港産のベニズワイガニを使ったカニ汁が振る舞われました。

1月1日(金)正月マラソン大会
last up date 2016年01月07日

米子の市民ランナーが集い走り初めをする正月マラソンが1月1日、どらドラパーク米子陸上競技場で開かれました。

サイト内検索