8月28日(月)新甘泉の初選果

大山町の梨選果場で28日から鳥取県オリジナル品種の赤梨「新甘泉」の選果作業が始まりました。

再生

  この日は、朝からJAの職員や地域の人など300人が集まり、大山町内で収穫したおよそ15tの新甘泉の選果作業を行いました。そして、ベルトコンベアーで運ばれてくる梨を手に取り形を確認したり傷がないか確かめていました。「新甘泉」は鳥取県オリジナルの品種で糖度が、ほかの梨と比べて高く、果実の重さも400gと大玉になるのが特徴です。今年は、風や霜による自然災害を受けなかった為、例年と比べて糖度が高く玉太りの良いきれいな梨が出来ました。


サイト内検索