8月22日(火)がん検診受診をPR

9月はがん征圧月間です。それを前に22日、日吉津村のショッピングセンターでがん検診の受診を呼びかける啓発活動が行われました。

再生

 鳥取県では昭和57年から、 がんが死亡原因の1位となっていて、平成23年にはおよそ3割を占めています。鳥取県によりますと鳥取県民のがん検診の受診率はおよそ20%と低く、全国平均の28%を下回っています。また一方で75歳未満のがんによる死亡率は、特に男性が全国平均を大きく上回っていて、検診によるがんの早期発見が求められています。


サイト内検索