7月30日(日)米子がいな祭 2日目

米子がいな祭2日目の30日、祭では、水で遊ぶイベントや万灯の見物などに訪れた大勢の人で賑わいました。

再生

 米子がいな祭の2日目は、祭りが始まって以来初めての腕相撲大会が開かれました。腕相撲大会には男性14人、女性6人が出場し、鍛え上げた力を競っていました。鳥取地方気象台によりますと、30日の米子市の最高気温は31度7分まで上がりました。この他、がいな祭りの2日目は、がいな万灯の技を競いあう万灯妙技会が開かれました。参加した人は直径8mの円の中で技を繰り出し、大勢の見物客で賑わいました。


サイト内検索