7月22日(土)子どもたちの科学教室

境港市で22日、小学生を対象にした科学教室が開かれ、子どもたちが実験を通して科学の面白さを体験しました。

再生

 「子どものための科学教室」は、夏休みの子どもたちに科学の楽しさを知ってもらおうと鳥取県産業技術センターが10年前から毎年開いています。氷やドライアイスを使って実験をするコーナーでは、ジュースにドライアイスを入れるとどうなるのかを実験しました。またアイスクリームやガム、それに砂糖や塩には賞味期限がないことなども教わりました。鳥取県産業技術センターでは境港市の他、米子市や鳥取市でも科学教室を開いており、子どもたちに科学に興味を持ってもらいたいということです。


サイト内検索