7月2日(日)水難救助訓練

夏の海水浴シーズンを前に2日、皆生海岸で溺れた人が出たという想定で救助訓練が行われました。

再生

 この訓練は、皆生ライフセービングクラブや西部消防局、それに境海上保安部などが、水難救助の初動と各団体の連絡体制を確認しようと、海水浴シーズンを前に毎年行っています。この日は溺れた人をライフセーバーが水上バイクで救助したほか、境港消防署の水難救助隊がライフセーバーと協力して救助にあたりました。


サイト内検索