6月4日(日)消防ポンプ大会

米子市で4日、西伯郡・日野郡の消防団が集まり、消防ポンプ車の操法技術を競いました。

再生

 大会は、消火活動に欠かせないポンプ車の操法を5人1組のチームで競います。競技では団員の動きがそろっているか、また作業の素早さや正確さなどを審査します。選手たちは連携した素早い動きでホースを延ばしたりつないだりして、ポンプ車からおよそ60メートル離れた標的に放水していました。


サイト内検索