5月28日(日)美保基地 航空祭

航空自衛隊 美保基地で28日、毎年恒例となっている航空祭が開かれ、多くの家族連れや航空ファンで賑わいました。

再生

  この航空祭は、多くの人に、航空自衛隊の活動を身近に感じてもらおうと、毎年開催しています。会場には、昨年度、美保基地に配備された試験運用中の航空輸送機C−2など航空機11機種18機の展示が行われていて、訪れた人たちは、お気に入りの機体の前で記念撮影をしていました。災害時に人や物資を輸送するC―1は、パラシュートを使って実際に貨物を投下するパフォーマンスを披露しました。また、こちらは、宮城県の松島基地所属の第11飛行隊、通称ブルーインパルスです。会場では、ブルーインパルスのパイロットたちのサイン会も開かれていて、隊員と一緒に記念撮影をする熱心なファンも見られました。


サイト内検索