5月25日(木)夏ネギの出荷始まる

米子市内で25日、夏の時期に収穫する「夏ネギ」の出荷が始まりました。

再生

 鳥取県西部では、全国的に白ネギの出荷が減る5月下旬から9月までの時期に、季節感を感じてもらおうと「夏ネギ」として出荷しています。春ネギが終わるこの時期に白ネギを出荷する生産地は少なく、夏ネギは市場の評価が高いということです。夏ネギは弓浜半島を中心に618人の生産者が栽培しています。春ネギと比べて、さっぱりとした味わいが特徴です。JAとっとり西部によりますと、今年は去年より200t多い、およそ1600tの出荷を目指しています。夏ネギの出荷は9月いっぱいまでで、京阪神を中心に岡山や広島に出荷されます。


サイト内検索