5月13日(土)「中野港漁村市」

沿岸漁業者の拠点となっている境港市の中野港で13日、漁村市が開かれ、大勢の人で賑わいました。

再生

  獲れたて新鮮な魚が並ぶ「中野港漁村市」。会場の中野港には販売開始の午前10時を前に長蛇の列が出来ていました。中野港漁村市は沿岸漁業者の拠点である中野港を盛り上げようと漁業者をはじめ地元の有志が一丸となって始め、今年で5年目を迎えました。中野港漁村市の魅力は、とれたて新鮮な魚と漁師が直接販売することです。訪れた人たちは漁師に魚の食べ方などを聞きながら目当ての魚を買い求めていました。


サイト内検索