5月3日(水)淀江でよいとまかせ

米子市淀江町で3日、380年続く伝統の神事が行われ、町は多くの人で賑わいました。

再生

 よいとまかせは、淀江町の日吉神社に380年続いている神事です。平安な世の中を願って、毎年5月3日に行っています。よいとまかせとは「よい世の中だ、もっと良い世になりますように」という意味で、人々の健康やこれからも頑張ってほしいという願いが込められています。神事では獅子舞が「よいとまかせ」と掛け声をかけながら、沿道に立っている人の頭をかんだり、子どもたちが神輿をひいたりしていました。


サイト内検索