4月20日(木)人生の節目に演芸大会

大山町の男性が20日、仕事を引退したことを期に地元の人に感謝の気持ちを伝えようと演芸大会を開きました。

再生

 大山町の杉原盛人(すぎはらもりひと)さんは、65年に渡って続けてきた石工の仕事を引退するにあたり、地元の人々にこれまでの感謝の気持ちを込めて演芸大会を開きました。演芸大会の会場は、杉原さんがこれまで資材置き場にしていた場所です。演芸大会では、安来節の演奏や懐かしい演歌などが披露されました。この日は地元大山町の人や県西部各地の演芸の愛好家など、およそ90人が会場を訪れ、杉原さんの門出を祝いました。


サイト内検索