4月17日(月)元気ふれあい公民館〜日吉津で3B体操〜

ヴィレステひえづで開かれた健康づくり体操「3B体操」の様子をお伝えします。

再生

 みなさんが手に持っているのは、ベルと呼ばれる両側に穴の開いたクッションです。3B体操にはベルの他に、柔らかいボール、そして伸び縮みするゴム製のベルターを使います。ベルとボール、それにベルターの3つの用具の頭文字を取って3B体操と名付けられました。一般的な健康づくりの体操とは違い、音楽に合わせて楽しく行うのが特徴です。日本3B体操協会は45年以上前に発足しました。現在は鳥取県を含めて全国14地区に本部があり、教室数は約1万800ヵ所です。鳥取県西部地区では米子市を中心に、公民館や集会所など32ヵ所で教室を開いています。この日参加したメンバーは教室で指導者として活動している人たちです。日本3B体操協会鳥取県西部地区では多くの人に体操の楽しさを知ってもらおうと、今後も各地で3B体操を普及させていくということです。


サイト内検索