4月10日(月)米子-ソウル便搭乗者50万人達成

米子ソウル便の搭乗者が就航以来50万人を達成しました。9日には鳥取県知事の平井伸治さんなど関係者が出席し、記念のセレモニーが開かれました。

再生

米子ソウル便は、4月9日の午後3時米子発の便で搭乗者数50万人を達成しました。セレモニーでは50万人目の搭乗者となった夫婦に、記念の花束とエアソウルのペア航空券が贈られました。


サイト内検索