3月23日(木)境漁港の今後の漁獲は

境漁港の水揚げ状況や今年の漁獲の見通しについて報告する会が23日、境港市で開かれ、今年マイワシは平年を上回る一方で、マアジやハタハタそれにアカガレイなどは、下回るという予想が発表されました。

再生

 報告会には市場関係者や漁業関係者など、およそ40人が出席しました。この会は鳥取県の沖合の海の状態や境漁港の漁獲の見通しを発表することで、今後の参考にしてもらおうと、鳥取県水産試験場が毎年開いています。


サイト内検索