3月13日(月)南部町のお試し住宅

南部町に移住を考えている人に地域の魅力を感じてもらおうと、一定期間町での暮らしを体験できるお試し住宅が11日に完成し、記念のセレモニーが開かれました。

再生

 こちらが南部町に完成したお試し住宅「えん処米や」です。空き家となっていた住宅を南部町が借り上げ、総事業費約1400万円をかけて整備しました。記念セレモニーでは、南部町長の陶山清孝さんが「南部町に住んでみたいという希望をもっている人たちが南部町の良さを実感するとともに、地域の交流の場としても活用してほしい」とあいさつしました。この後内覧会が行われ、集まった約100人が住宅の中を見て回りました。お試し住宅「えん処米や」は、もともと米屋だったことと、多くの人の縁を結ぶ場になるようにという願いを込めてつけられました。住宅は2階建てで、1階には地域の人が会合などに利用できる交流スペースがある他、改修して綺麗になった台所やトイレ、それにお風呂などがあります。また二階へ上がると、2つの広い和室と洋室があります。お試し住宅の利用料金はまだ決まっていませんが、2週間を限度に1泊2日から利用することができるということです。運営は南部町のまちづくり会社「なんぶ里山デザイン機構」が担当します。11日はこの他、地元の人たちによる記念の演芸も披露され、訪れた人たちが楽しいひと時を過ごしていました。南部町のお試し住宅は4月1日土曜日からオープンします。


サイト内検索