3月8日(水)はサバの日

3月8日は数字の語呂合わせからサバの日です。日本記念日協会によりますと、サバに関心をもってもらうと共に、サバに感謝する日としています。サバが多く水揚げされる境漁港でも、サバの日のイベントが開かれました。

再生

 サバの日のイベントを行ったのは、サバやアジなどを多く水揚げしている、山陰旋網漁業協同組合です。この日は境漁港に水揚げされた重さ1t、およそ4,000尾の新鮮なサバが用意され、境港水産物直売センターで買い物をした人に無料で振るまわれました。境港水産振興協会によりますと、境漁港では去年1年間に24,275tのサバが水揚げされました。これは境漁港に揚がる魚の中で最も多い水揚げ量です。またこの日は美保湾で養殖されていて、刺身で食べることができる「境(さかえ)さば」の試食販売も行われ、人気を集めていました。山陰旋網漁業協同組合では、今後もサバの日のイベントを継続して、境港産のサバをアピールしていきたいとしています。


サイト内検索