1月26日(木)今年のトライアスロンは7月16日

全日本トライアスロン皆生大会を運営する皆生トライアスロン協会の総会が26日に開かれ、今年の大会は7月16日に開催する事が決まりました。

再生

 総会には皆生トライアスロン協会の会員や市町村の担当者など25人が出席しました。そして今年の大会を7月16日日曜日に開催することが承認されました。それによりますと競技の内容や定員、参加資格など前の年と変わらず、水泳3km、自転車140km、マラソン42.195kmで競技が行われます。定員は個人が940人、3人1組のリレーの部が60組です。参加資格は大会当日満19歳以上の健康な男女で、水泳、自転車、マラソンなどの大会に出場経験があり、制限時間内に余裕を持って完走する体力があると認められる人です。去年は定員の2倍近くの1,810人から申し込みがありました。皆生大会は一昨年の水泳競技で事故が発生したことから、安全体制を見直し、警察や消防、それに海上保安部などの関係機関と救難救護体制を組んでいます。またこの日は競技委員長から、選手の選考について 選手が申込みをした後に問題行動などを起こした場合に出場を取り消すことなどの見直し案が提案され、今後検討することになりました。全日本トライアスロン皆生大会の出場申込みの受付は来月20日から始まります。


サイト内検索