1月10日(火)皆生温泉で美湯巡り

米子市の皆生温泉旅館組合は、15の旅館の温泉に入れる「美湯めぐり帳」の販売を10日から始めました。

再生

 皆生温泉旅館組合は、地元の人に皆生温泉の良さを感じてもらおうと、平成21年度から毎年この時期に美湯めぐり帳を販売していています。美湯めぐり帳は1冊5000円で、組合に加盟している15の旅館の温泉に1回ずつ入ることができます。全ての旅館の温泉に通常料金で入浴すると、合わせて1万2,700円かかりますが、この美湯めぐり帳を使うと1つの旅館の温泉におよそ330円で入ることができるということで、毎年楽しみにしている人もいるということです。販売が始まった10日は、早速買い求めにくる人が行列を作っていました。皆生温泉旅館組合によりますと、去年10月に起きた鳥取県中部地震の影響で、10月・11月は宿泊のキャンセルが相次ぎましたが、12月は前年並みに戻りました。美湯めぐり帳は1200冊限定で、4月21日まで利用することができます。


サイト内検索