12月24日(土)米子市政 今年の主要ニュース

米子市では毎年、年末に市政の主要ニュースを発表しています。今年のニュースには、1月に発生した水道管の凍結災害、スポーツの分野では米子市出身の冨田千愛選手がリオオリンピックのボート競技に出場したなど11項目が選ばれました。

再生

 今年の米子市政主要ニュースは、米子市長や部長級以上の職員18人で11項目を選びました。このうち主なものを紹介します。 1月23日の夜から24日にかけて西日本を襲った寒波により、米子市の最低気温が氷点下5.8℃を記録しました。そして12年ぶりの真冬日が36時間続きました。これにより米子市水道局が水道水を供給する米子市と境港市、それに日吉津村では、各地で水道管の破損などが相次ぎ、約7万5000世帯に影響が出ました。また修繕を依頼する連絡が4000件を超えました。8月にはリオオリンピックのボート競技に米子市出身の冨田千愛選手が出場し、地元からも熱い声援が送られました。冨田選手は準決勝に進出し、世界12位となりました。11月16日には米子市水道局の新しい配水池が完成しました。総事業費は44億円です。米子市水道局は、2市1村、およそ18万6,000人に水を供給しています。完成した配水池は、中央配水池と南部配水池の2つで安定した水の供給のために米子市長砂の高台に建設されました。この他6月にはマイナンバー制度の開始や、9月には米子香港便が就航するなど様々なニュースがありました。米子市の今年の主要ニュース11項目は、1月からホームページなどで見ることができます。


サイト内検索