12月20日(火)カピバラゆず湯でほっこり

冬至の日を前に、大山トム・ソーヤ牧場の人気者カピバラがゆず湯を楽しみました。

再生

 冬至の日にはゆず湯に入る風習があります。ゆず湯を堪能したのは、大山トム・ソーヤ牧場のカピバラ2頭です。カピバラは南米原産で寒さに弱い動物です。そのため大山トム・ソーヤ牧場では、平成26年にカピバラがやってきてから毎年冬に、湯につかれるようにしています。ゆず湯は去年から始めました。この日は41度ほどのお湯の中に、およそ60個のゆずを入れました。カピバラは気持ちよさそうに湯につかっていました。カピバラが湯に入る「カピバラ温泉」は、2月末頃まで見ることができます。


サイト内検索