12月19日(月)米子北高サッカー部が交通安全広報

米子北高校サッカー部の生徒たちが19日「安全運転で自宅にゴール」をテーマにドライバーに交通安全を呼びかけました。

再生

 「安全運転で自宅にゴール」と書かれたチラシ。交通安全の広報には、今月30日に全国高校サッカー選手権大会に鳥取県代表として出場する米子北高校サッカー部の生徒と、米子市と境港市の交通安全指導員、それに警察の担当者など約60人が参加しました。今年は米子北高校サッカー部にちなんで、・安全運転で自宅に「ゴール」・夕暮れ時の無灯火には「イエローカード」・飲酒運転には「レッドカード」など、サッカーに関連した用語を使った交通安全のチラシを用意しました。そしてドライバーにチラシを配り、年末の交通安全を呼びかけました。今年の鳥取県内の交通事故による死者は17件17人と、前の年より14件18人減っています。(12月18日現在)死亡事故の特徴は自転車や歩行中の高齢者が巻き込まれることや、夜間に発生しているということです。年末の交通安全県民運動は、夕暮れ時や早朝、夜間の交通事故防止や飲酒運転の根絶などを重点項目に、今月21日まで続きます。


サイト内検索