11月9日(水)全国火災予防運動 始まる

11月9日から15日までの7日間は秋の全国火災予防運動週間です。9日は、米子消防署の署員が事業所をまわって消防設備などを立ち入り検査しました。

再生

 このうち米子市にある葬儀社でも、米子消防署の署員が立ち入り検査をしました。署員は、火災報知器が規定通りに設置してあるか確認したり、消火栓や消火器などの設備が整っているか調べたりしました。また非常口の誘導灯が 見やすくなっているかを、一つ一つ指さしながら確認していきました。西部広域消防局によりますと、今年1月から9月までの火災件数は94件で、去年の同じ時期に比べて、20件増えています。このうち事業所を含む建物火災は41件で、去年に比べて6件多く発生しています。また火災の原因は、煙草の不始末や電気配線によるものが増えているということです。西部広域消防局は、火災予防運動期間中、立ち入り検査の他、消防訓練や防火パレードを行って、火災予防を呼びかけていくことにしています。


サイト内検索