10月16日(日)特殊詐欺被害防止を呼びかけ

特殊詐欺を未然に防ごうと米子市内のスーパーマーケットで16日、街頭広報が行われました。

再生

 嘘の請求やトラブルをでっちあげ、示談金や和解金解決金などを要求するなど、言葉巧に現金をだまし取る特殊詐欺。この日は警察や米子市車尾地区の住民、合わせて6人が街頭広報をして特殊詐欺に遭わないよう呼びかけました。9月末現在で、鳥取県内の特殊詐欺の被害は18件、被害金額は約5500万円となっています。鳥取県警によりますと、被害件数は前の年に比べて減っているものの、被害金額が増えているということです。こうした状況の中で米子市車尾地区は、鳥取県が今年度から選定する特集詐欺被害を防止するモデル地区に選ばれ、今年6月から街頭広報や研修会を開いて被害防止に取り組んでいます。車尾地区ではこの日、300部のチラシとポケットテッシュを配り、買い物客に特殊詐欺防止を呼び掛けました。


サイト内検索