10月2日(日)市民大茶会

米子市の秋の文化イベント、市民大茶会が湊山公園にある日本庭園で開かれ、訪れた人たちが心のこもったお茶を堪能しました。

再生

 市民大茶会は、米子市の秋の文化イベントとして、市の観光協会や市内で活動するお茶のグループなどでつくる「市民大茶会実行委員会」が、30年前の昭和61年から開催しています。31回目の今年は、米子市内の高校の茶道部や公民館で活動するサークルなど9つのグループが茶席を設けました。このうち米子市児童文化センターの「仲よしお茶クラブ」の茶席では、子どもたちが訪れた人たちにお菓子とお茶を運び、練習の成果を披露しました。一方、鳥取大学医学部茶道部のお茶席では、部員たちが日頃磨いたお点前の腕前を披露しました。訪れた人たちは、ゆったりとした雰囲気の中で茶の世界を満喫したようでした。実行委員会では、来年以降もイベントを続けて、市民にお茶を通じて日本の豊かな文化を感じてもらいたいということです。


サイト内検索