9月19日(月)夢みなと公園ウォーク

健康志向の高まりとともにウォーキングをする人も増えています。そんな中、境港市では市内の名所などを巡るウォーキング大会が開かれました。

再生

 夢みなと公園ウォークは、公園周辺を活用して楽しく散策してもらおうと、境港市観光協会などで作る夢みなと公園まつり実行委員会が去年に引き続き開きました。準備体操が終わると、参加した人たちは、夢みなとタワーを出発しました。今年は県内外から160人が参加しました。ウォーキングコースは夢みなと公園周辺の6キロです。コースには、いも代官の石碑があります。これは江戸時代に、薩摩からサツマイモを取り寄せて飢饉から救った役人をたたえた石碑で、コース沿いに3ヵ所あります。参加した人たちは、芋代官の石碑に立ち寄ると、写真を撮ったり、刻んである文字を読んだりしていました。ゴールの夢みなとタワーではモサエビの汁がふるまわれ、あいにくの雨で冷えた体を温めていました。


サイト内検索