9月9日(金)救急の日

9月9日は、数字の語呂合わせから救急業務と救急医療の啓発を目的に「救急の日」と定められています。日南町では公式キャラクター「オッサンショウオ」が一日救急隊長に任命され、小学校で救急の大切さを伝えました。

再生

 救急医療の大切さと救急車の適正利用を啓発しようと、9月9日は「救急の日」と定められています。この日は、日南町の公式キャラクター「オッサンショウオ」が、江府消防署 署長の生田誠二さんから、一日救急隊長の委嘱状を受け取りました。一日救急隊長の「オッサンショウオ」は、日南町のショッピングセンター前で、救急車の適正利用を呼びかけるチラシを配りました。また救急隊の一行は、近くの保育園を訪れました。子どもたちは、消防車や救急車の中を見てもらいました。このあと「オッサンショウオ」は、日南小学校で1年生と2年生に命の授業を行いました。そして消防職員とオッサンショウオが、 手づくりの紙芝居を使って救急の大切さを伝えました。紙芝居では、「友だちがもし目の前で倒れたらすぐに大人を呼ぼう。」「そして119番に連絡してもらい、応急手当をしてもらい、みんなで大切な命を助けよう」と呼び掛けました。西部広域消防局江府消防署によりますと、日南町内での去年一年間の救急搬送の件数は360件で、人口が減少しているにもかかわらず、出動件数は年々増えています。


サイト内検索