9月2日(金)米子市長が引退を表明

米子市の野坂市長は、2日に開かれた9月議会の冒頭で、今期限りで引退する考えを表明しました。

再生

 米子市長の野坂康夫さんは、9月議会の冒頭で、「市長になって来年の4月で丸14年なる。将来の米子市の発展は、新しい人材に託すべきだという考えに至った。」と述べ、来年の春に予定されている米子市長選挙には、出馬しない意向を明らかにしました。そして野坂市長は議会のあと、会見を開き、その理由を説明しました。野坂市長は外務省の職員を務めたあと、平成15年に合併前の旧米子市の市長となりました。そして、旧淀江町との合併に伴って行われた平成17年の市長選挙に当選し、現在3期目です。野坂市長は、米子市公会堂や米子市立図書館の改修、それに中学校給食の導入などを行ってきました。会見の中で、野坂市長はこれまでの市政を振り返り、市の課題に対して一定の成果を上げることができたと思うと述べました。野坂市長の任期は来年の4月23日までです。


サイト内検索