8月29日(月)米子-香港便 来月就航

9月14日に米子鬼太郎空港と香港国際空港を結ぶ定期便が就航します。それを前に米子市内で、山陰両県の旅行会社を対象とた説明会が開かれるなど準備が進んでいます。

再生

 米子鬼太郎空港には9月14日から、米子―ソウル便に続く2路線目の国際定期便、米子―香港便が就航します。米子鬼太郎空港発毎週水曜と土曜の週2便で、香港国際空港を現地時間の午後0時5分に出発します。また米子鬼太郎空港は、午後5時10分に出発するというダイヤです。就航を前に、県や関係各社では準備が進んでいます。米子市内では運航する香港航空から、山陰両県の旅行代理店にむけた説明会が開かれました。会では香港航空の担当者から、運航に使用する機体や、機内でのサービス内容が説明されました。また香港国際空港を起点に、タイのバンコクや台湾の台北、中国の上海・重慶などに乗り継ぎが可能なことを紹介し、日本人観光客の、旅行の幅が広がることをアピールしました。鳥取県は、米子―ソウル便と合わせた複数の国際定期便を就航させることで、山陰が国際的な観光地となるよう期待しています。


サイト内検索