8月11日(木)は「山の日」

今年から8月11日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として、国民の祝日「山の日」となりました。「山の日」でにぎわう大山。そして地域の魅力を発信する子どもたちの姿を取材しました。

再生

  今年から8月11日は「山の日」として国民の祝日になりました。こちら大山の登山口は初めての「山の日」を迎え、多くの登山客でにぎわっています。そして登山客や観光客に大山の魅力を伝えようと大活躍している子どもたちがいます。この活動の名前は「大山レンジャー」です。大山小学校の4年生が去年から始め、今年で2年目です。「大山レンジャー」にとって、一番大変なこと、それは自分たちから観光客に話しかけることです。そして大山橋前と大山寺参道の二手に分かれ、観光客に大山の魅力を伝えていきます。大山レンジャーはこの日、2時間半活動しおよそ200人の観光客に声をかけ、大山の魅力を伝えました。今年から新たに国民の祝日として始まった「山の日」。大山では多くの人たちが思い思いの形で山と親しみ、記念すべき一回目の「山の日」を過ごしたようです。


サイト内検索