8月10日(水)伯州綿の花見ごろ

境港市の特産品にしようと多くの人が栽培に取り組んでいる「伯州綿」。その「伯州綿」の花が今見ごろをむかえています。

再生

 境港市中野町にある伯州綿の畑では、黄色の花が咲き誇っています。伯州綿は、今から300年以上前に栽培が始まったと言われています。境港市では、かつて一大産地で特産品だった伯州綿を復活させようと、平成20年から栽培を始めました。今年の栽培は、農業公社の畑2ヘクタールで行われており、種まきは5月10日でした。伯州綿を育てているのは、地域おこし協力隊の4人です。この日は、協力隊の岡部さんと西峰さんの2人が畑を訪れ、大きな綿ができるように新芽をつむ作業をしていました。伯州綿の花の見頃は8月中旬ごろまで続きます。


サイト内検索