7月31日(日)がいな祭を前に清掃

8月6日と7日に開かれる米子がいな祭。祭りを前に地元のボランティアの人たちが、米子市の中心部を清掃しました。

再生

 間近に迫った米子がいな祭を前に、清掃したのはボランティア・ロードin米子連絡協議会の会員およそ230人です。会員は、地元の企業や自治会それに米子市内の住民です。参加者は清掃区域や注意事項などの説明を受けたあと、二つの班に分かれ、米子市役所やJR米子駅周辺の植え込みに生えた雑草を抜いたり、歩道に落ちているタバコの吸い殻などのゴミを拾っていきました。ボランティア・ロードin米子連絡協議会は 平成13年に結成され、今年度で活動16年目を迎えます。日頃は所属する会員が担当区域の歩道を清掃したり、植え込みの整備や植物を植えるなど景観の保全活動にあたっています。そして10年程前からは、がいな祭の前にこのように会員が集まり、みんなで街を清掃しています。米子がいな祭には市内の住民はもちろん、県外などからも多くの観光客が訪れるため、きれいな米子の街で、祭りを楽しんでもらいたいということです。


サイト内検索